当院の特徴||流山市美原で動物病院をお探しの方は21(ツーワン)動物病院まで

〒270-0103
千葉県流山市美原2丁目539-2

tel:04-7178-2122

病院前に3台、道路の向かいに4台駐車場がございます

診療時間日・祝
9:00~12:00
16:00~20:00

※最終受付時間は19:45とさせていただきます。

夜間救急対応しております

当院の特徴

流山市美原・21(ツーワン)動物病院

インフォームドコンセント

皆様に安心して頂ける動物病院を目指して

当院ではコミュニケーションを重視し検査や治療法などなるべく専門的な用語を使わないで分かりやすく説明するようにしています。
治療については飼い主さまの意向を考慮して治療計画を立案し、飼い主さまの承諾を得てからはじめて治療するようにしています。

流山市美原・21(ツーワン)動物病院

幅広い診療科目

より多くの症状に対応可能

当院では下記の科目の対応が可能です。

  • 総合診療科
  • 循環器科
  • 麻酔科
  • 内科
  • がん腫瘍科
  • リハビリテーション科
  • 外科
  • 血液内科
  • 痛み外来
  • 皮膚科
  • 腎泌尿器科
  • 鍼灸漢方外来
  • 歯科
  • 脳神経科
  • 予防医療科
  • 消化器科
  • 整形外科
  • 避妊・去勢
  • 産科
流山市美原・21(ツーワン)動物病院

各種手術対応

豊富な経験と最新設備が可能とする各種手術

手術前は十分な検査を行い、的確な診断に基づいた治療計画を飼い主様に立案します。また、麻酔前から術後管理までしっかり行えるように安全確保を行っております。ICUも完備して24時間体制で動物たちを見守っていますのでご安心ください。

当院でのペインコントロール
(疼痛管理)について
近年は動物愛護の意識が高まり、動物の感じる痛みについてより関心を持たれるようになりました。
特に外科手術はメスを使う機会も多く、怖そう、痛そう、といった印象を強く持つ人も多いと思います。
大切な家族が痛みを我慢している・・・それは飼い主様にとっても我々にとっても、とてもつらいことです。
外科手術は強い侵襲性を伴うため、細心の注意を払って痛みのコントロールをしなくてはなりません。
当院での手術時の
ペインコントロールについて
■マルチモーダル鎮痛法(多様式鎮痛法)
作用機序の異なる複数の鎮痛薬を併用し効果を得ることを言います。鎮痛薬を併用することによって相加的・相乗的な効果が生じ、低用量での安全な鎮痛効果が期待できます。
当院では個々の症例に合わせ、積極的にマルチモーダル鎮痛法を用いることにより、動物の体への負担を減らしています。
■手術におけるペインコントロール
手術は痛みを伴うものですが、当院では周術期を通したペインコントロールによりできる限り動物の苦痛を低減させています。
周術期とは「手術前」「手術中」「手術後」の一連の期間を指します。周術期を通したペインコントロールは動物のストレスを大きく軽減するだけではなく、手術成績にも影響することが分かっています。
  • 手術前のペインコントロール 手術によって生じる炎症が発生する前から鎮痛剤を使用する、術前鎮痛(先取り鎮痛法)を行います。
    動物の種類や手術内容に応じて、適切な鎮静・鎮痛剤を選択します。
    これにより処置後の痛みの強さや持続時間を軽減することが出来るため、多くの手術で実施しています。
  • 手術中のペインコントロール手術中は副作用の少ない吸入麻酔を使用し、常にモニターによる生体反応を確認することにより状況に応じた疼痛管理を行っています。
  • 手術後の鎮痛処置手術内容と疼痛レベルに応じて、適切な鎮痛剤の種類や投与量を選択して処方し、苦痛を和らげる事で元気や食欲を回復させ、治療が早まるように提案します。
当院で使用する鎮痛剤
NSAIDs 非麻薬性オピオイド(ブプレノルフィン ブトルファノール)
麻薬性オピオイド(フェンタニル モルヒネ) 麻薬(ケタミン)
局所麻酔薬(リドカイン、ブピバカイン) ガバペンチン
  • 眼科手術
    • 瞬膜腺整復
    • 角膜腫瘍/穿孔に対する眼瞼縫合
    • 眼瞼腫瘤切除術
    • 角膜潰瘍/穿孔に対する瞬膜フラップ
    • 眼瞼内反症/外反症整復術
    • 眼球脱出整復および眼瞼縫合
  • 歯科手術
    • 歯周病に対する抜歯手術、粘膜フラップ形成術
    • 猫の難治性口内炎に対する全臼歯抜歯
    • 歯石除去、ポリッシング
  • 口腔外科手術
    • 口蓋裂整復
    • 唾液腺摘出術
    • 口腔腫瘍摘出
    • 短頭種軟口蓋切除術
  • 耳鼻科手術
    • 耳道腫瘤切除術
    • 垂直耳道切除術
  • 消化器系手術
    • 胃切開術
    • 胃固定術
    • 腸切開、切除、吻合術
    • 胆のう摘出術
    • 脾臓摘出術
    • 胃拡張・胃捻転症候群整復術
    • 肛門嚢摘出術
  • 泌尿器系手術
    • 膀胱結石摘出術
    • 膀胱破裂整復術
    • 会陰尿道造ろう術
    • 膀胱腫瘍摘出術
  • 生殖器系手術
    • 去勢手術
    • 精巣腫瘍摘出術
    • 避妊手術
    • 子宮蓄膿症
    • 潜在精巣摘出術
    • 帝王切開手術
    • 生殖器腫瘍摘出術
  • 腫瘍摘出手術
    • 口腔内腫瘍摘出術
    • 脾臓腫瘍摘出術
    • 乳腺腫瘍摘出術
    • 皮膚腫瘍摘出術
    • 泌尿・生殖器腫瘍摘出術
    • 肥満細胞腫摘出術
    • 消化管腫瘍摘出術
    • 肛門腫瘍摘出術
  • ヘルニア整復手術
    • 鼠径ヘルニア整復術
    • 横隔膜ヘルニア整復術
    • 会陰ヘルニア整復術
    • 腹壁ヘルニア整復術
    • 臍ヘルニア整復術
  • その他
    • 除爪術
    • 外傷処置
    • 皮膚形成術
流山市美原・21(ツーワン)動物病院

充実した医療設備

最新設備で確実な治療を

様々な検査・治療・手術ができるように各種機器を揃えています。最終的に命にかかわる決定を行うのは獣医師の知識や経験によるものですが、その判断材料や補助となる医療機器を充実させることも正確な診断を行うためには重要だと考えています。また、当院では待合室から診療室まで続く壁をガラス張りにしており、どのような診療を行っているか飼い主様が見ていただけるようにもなっています。いつ誰に見られても安心・安全の診療を追及しています。

詳しくはこちら
流山市美原・21(ツーワン)動物病院

高度医療機関との連携

プロフェッショナル同士のチーム医療

高度医療が必要と診断した際は「日本動物高度医療センターJARMeC」と連携し検査、治療することも可能です。JARMeCは専門診療科毎にチームをつくり、専門性の高い検査・診断・治療を行っている機関です。当院は連携動物病院として情報を共有していますので、スムーズに予約をとることができます。大切な命を守っていけるように、尽力させていただきます。

流山市美原・21(ツーワン)動物病院

鍼灸中医学

動物医療にも東洋医学を

「鍼灸って本当に効果があるの?」と思った方はいませんか?気やツボといった目に見えないものを扱うため、スピリチュアルなものに感じてしまう方もいるかもしれません。しかし、鍼灸は痛みや慢性的な不具合を解消するために、科学的にも効果があると評価されている治療法です。西洋医学では症状が改善しなかった、老犬だから無理な治療は避けたいという方は鍼灸を取り入れてみませんか?
当院には鍼灸中医学の専門医が在籍しています。

詳しくはこちら
流山市美原・21(ツーワン)動物病院

終末期医療

最後まで笑顔でいてもらいたい

動物たちは人間よりも早く年をとります。年老いてくると介護が必要になることもあり、食事の助けや床ずれの防止などをしなくてはならなくなります。どんどん力がなくなっていく状態を目の前にすると、悲しい気持ちになってしまうことでしょう。そのような時も当院が寄り添い、往診や飼い主様のご相談に乗ったりもしています。末期状態の動物たちと飼い主様、そして動物病院が力を合わせて介護に取り組み、最後まで自分らしく生きるお手伝いをさせていただきます。

流山市美原・21(ツーワン)動物病院

ペットドック(予防医療)

動物たちの健康管理

動物医療の発展によって長生きできる子たちが増えてきましたが、長生きするからこそ起こってしまう病気も増えてきました。実際にペットドックを受けた猫の71%、犬の64%(シニア犬は70%)に異常値が認められています。年に1~2回の受診をして、治療から予防へ受診スタイルを変えられるようにしていきましょう。

詳しくはこちら
流山市美原・21(ツーワン)動物病院

トリミング&ホテル

当院だからできる安心のサービス

当院で受診している動物のみ、トリミングやペットホテルのサービスも行っています。トリミングはターレス社のマイクロバブルを導入し、シャンプーも約20種類からその日の皮膚の状態に合ったものを選んでいます。他にも様々なオプションを取り揃えています。動物病院なので老犬や病気の犬猫も受け入れ可能です。ペットホテルは24時間スタッフが常駐しているので、動物たちに寂しい思いをさせることはありません。

詳しくはこちら
流山市美原・21(ツーワン)動物病院

夜間救急診療

動物たちはいつ具合が悪くなるかわかりません。大切なペットが夜間に突然具合が悪くなった時、どこへかかれば良いのか不安をかかえる飼い主さまは沢山いらっしゃいます。
当院ではそんな飼い主さまの不安に可能な限りお応えいたします。 先ずはお電話ください。
TEL:04-7178-2122

通常の診察料に加え時間外料金(10000円~)がかかります。

学会などによる不在や急患対応で対応できない場合があります。

電話がつながらない場合は近隣の夜間救急動物病院へお問い合わせください。(どうぶつの総合病院)