ツーワンブログ|流山市美原で動物病院をお探しの方は21(ツーワン)動物病院まで

〒270-0103
千葉県流山市美原2丁目539-2

tel:04-7178-2122

病院前に3台、道路の向かいに4台駐車場がございます

診療時間午前 9:00~12:00
        午後 16:00~19:45
        ※予約優先制

休診日不定休
      (お知らせをご確認ください)

夜間救急対応しております

ツーワンブログ

異物の誤飲について

2020.12.13(日)

突然ですが問題です。
梅の種、木の枝、ティッシュペーパー、マスク、プラスチックの髪留め、雑巾、石・・・etc

 

これらに共通するものは何でしょう?

正解は・・・
今年私が見た「ペットが食べてしまった異物」でした!

 

 

こんにちは!
獣医師の福本です。

 

本日は「異物の誤飲」についてお話させていただきたいと思います。

 

動物病院では年間を通して、「変なもの(異物)を食べてしまった」というご相談を多く受けます。

私たちの生活空間は様々なものであふれています。中には動物の興味を引き、誤飲の原因となるものもたくさんあります。
先述したもの以外にも、犬用のおもちゃ、竹串、硬貨、画鋲・針 など例を挙げるときりがありません。

また、おやつの骨やジャーキーなどが消化されずに食道・胃・小腸に停滞したときも異物とみなされます。

 

異物を食べ、消化器官に詰まってしまうと、主に
・嘔吐
・食欲不振
などの消化器症状の他に
・腹痛
・元気の消失
などの症状が現れます。

 

しかし、すぐには症状が出ないこともあり、数週間~数カ月前の異物が原因で不調を訴えることもあります。

 

また、タオルや衣服の繊維など、細長い異物を誤飲した際にはとても注意が必要です。
獣医界隈では一般に「ひも状異物」と呼ばれています。

ひも状異物で特に問題となるのは、小腸に引っかかってしまった場合です。
長い距離で小腸に引っかかり、壊死や穿孔といった重篤な状態に陥ってしまいます。

 

 

動物病院での治療として、異物の種類や大きさや詰まっている場所にもよりますが、
主に
・催吐処置
・内視鏡による摘出
・消化管切開による摘出
といった対応を行います。

 

 

異物の誤飲は、「食べさせない」ほかありません!
一番重要なことは、口に入れてしまいそうなものを、口が届く範囲に置いておかないことです。(床だけでなくテーブルの上も注意!!)

もし異物を咥えていても、無理に取り出そうとすると、慌てた動物は飲み込んでしまいます。
おやつを見せるなどをして、気をそらしてあげましょう。

 

誤飲してしまった(あるいは誤飲した可能性がある)場合は、動物病院へのご相談をお勧めします。

尿路結石症について

2020.12.05(土)

こんにちは!
獣医師の福本です。

 

近頃はめっきり冷え込んできましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
今年話題の新型コロナウイルスだけでなく、様々な風邪が流行る季節ですので、体調には十分お気を付けください!

 

 

さて、冬になると来院数が増える病気に「尿路結石症」があります。
寒くなる季節に特に気を付けてほしい病気ですね。

 

 

尿路結石症とは、腎臓・尿管・膀胱・尿道の中に結石ができてしまう病気です。
結石には様々な種類がありますが、代表的なものとして‘ストラバイト結石(リン酸マグネシウムアンモニウム)‘‘シュウ酸カルシウム結石‘などが挙げられます。

 

結石が尿路を塞いでしまう(尿路閉塞)ことにより、尿が出にくくなりることがあります。
また、結果として腎臓が正常に働かなくなることで、毒素などの不要なものを体にため込んでしまい、時に死に至ることもある怖い病気です。

 

尿路閉塞の症状として、
・頻繁にトイレに行くのに尿が出にくい/出ない
・血尿
・排尿時に痛がって鳴く
・落ち着きがなくなる、触れられるのを嫌がる
・陰部をなめる などがあります
特に、尿がでなくなって24時間経過してしまうと、意識レベルの低下、食欲がなくなる、嘔吐、体温の低下 なども認められるようになってきます。

 

 

 

では、なぜ冬にこの病気が増えるのでしょうか?

 

実は寒くなったことにより飲水量が低下することが原因の一つと言われています。(他にも年間を通して、食事の影響や細菌の感染も挙げられます)
水分をとる量が減ることにより、尿が濃縮され、溶けていたミネラルが沈殿(結晶化)しやすくなるなるのです。

 

特にオス猫は尿道が長く細いためつまりやすく、注意が必要です!

 

 

 

予防としてできることは、水を飲める環境を整えてあげることです。
・複数の水皿を用意する
・常に新鮮な水を用意する などがあります。
ご飯をウェットフードにして、水分摂取量を増やしてあげるのもいいでしょう。

 

他にも、トイレを清潔にすることも大切です。
汚いトイレではおしっこを我慢してしまい、尿を膀胱にため込んでしまうことがあります。

 

 

尿路結石は一度治っても再発の可能性が非常に高い病気です。
しかし、定期的な尿検査により、石になる前の結晶を見つけることで重症に至らないケースも多いです。

 

 

また、他にも尿路閉塞の原因として、尿道の炎症や、腫瘍による狭窄もあります。
10歳を超えると腫瘍の割合が増加する傾向があるようです。

 

 

もしおしっこの症状で気になることがありましたら、動物病院へ気軽にご相談ください!

年末年始の診療について

2020.11.21(土)

 

 

 

 

11月に入り、紅葉🍁も散ってきて12月が近づき、
日に日に寒さが増してきたと思ったら、
急に暖かくなって寒暖差が激しくなったり、、、😥

気温の変化や乾燥などで体調を崩されないよう気を付けましょう❕❕

 

 

 

 

 

 

 

本日は年末年始の診療についてのご案内です。

 

 

 

 

 

~12月30日(水) 通常診療

 

12月31日(木) 休診(救急外来のみ対応)

 

1月1日(金) 休診(救急外来のみ対応)

 

1月2日(土) 休診(救急外来のみ対応)

 

1月3日(日) 休診(救急外来のみ対応)

 

1月4日(月)~ 通常診療

 

 

 

となります。

 

 

 

診療希望の方は来院前にお電話ください。

 

 

 

 

なお、12月31日~1月3日の診療時間は9:00~18:00、
診察料は5000円となっております。

 

 

 

 

通常の診察時間、料金とは異なります。
ご了承ください。

 

 

 

2020年 秋のペットドックについて

2020.09.05(土)

 

 

こんにちは!

 

 

9月に入り暑さがまだ続きますが

いかがお過ごしでしょう?

 

まだまだ熱中症にお気をつけください😥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は秋のペットドックについてです。

 

 

 

 

 

いつも若々しく見えるワンちゃんネコちゃんも、1年で人の4倍歳をとると言われています。
元気な時から定期的に健康診断を行うことで、病気の早期発見に繋がります。

 

 

 

 

ワンちゃんの死因TOP3
・悪性腫瘍(ガン)
・心臓病
・腎臓病

 

 

 

ネコちゃんの死因TOP3
・腎臓病
・心臓病
・内分泌系(ホルモン)の病気

 

 

 

 

 

心臓病や悪性腫瘍(ガン)の早期発見に繋がる超音波検査や、
腎臓病の早期発見に繋がるSDMA(血液検査)も行います。
末永く健やかに過ごせるよう、年に1度の健康診断を行ってみませんか?

 

 

 

 

 

期間:10月1日(木)~11月30日(月)

 

 

 

 

検査項目
・一般身体検査(視診、触診、聴診など) ・血液検査(SDMA、一般検査)
・レントゲン検査(腹部、胸部)     ・超音波検査(腹部、胸部)
・糞便検査                ・尿検査

 

 

 

オプション検査
・心電図測定 ・心臓病マーカー検査 ・血圧測定 ・各種ホルモン検査
・内視鏡検査 ・CRP(炎症の有無) ・眼科検査 ・ウイルス検査 ・UPC(尿検査)

 

 

 

※各種料金はお問い合わせください

 

 

 

 

 

 

年に一度の健康診断で、わんちゃん、猫ちゃんの体の状態をもっと知ってみませんか?

1月・2月の診療のお知らせ

2020.08.20(木)

1月の勤務表はこちら

2月の勤務表はこちら

1 2 3 4 5 6